追分山荘

浅間山の麓、軽井沢で山荘の設計をさせていただきました。
広い敷地に高さを抑えた軒の深い屋根を掛け、東側に設けた縁側と露台で内と外の境目を満喫できるようになっております。
ほとんどの窓は明かり障子と木製サッシ(アイランドプロファイル)の二重構造となっており、マイナス15度にもなる冬に備えております。
黒谷のハタノワタル氏による手漉障子紙もたいへん味わい深く、特に日中の光が奥行きを増すのが印象的でした。

c0038332_20325010
c0038332_20324179
c0038332_20323092
c0038332_2032161-1
c0038332_2032171
c0038332_20315184
c0038332_2031421
c0038332_16140141
c0038332_16201166
c0038332_16150321
c0038332_2031321
c0038332_20312195
c0038332_2031873
c0038332_20303678-1
c0038332_20302120

Date:

2014年

Tags: